2015年06月25日

チジミホウレンソウ栽培講習会のお知らせ

梅雨まっ最中ですが、冬に栽培する「ちじみホウレンソウ」の栽培講習会を下記のとおり開催します。
大沢町では冬季の重点作物として栽培に力を入れており関心のある方は是非ご参加ください。
   日時 平成27年7月13日午後3時30分より
   場所 JA大沢支店
   講師 山陽農園
                大沢町地域事務局 おいしい大沢PJ 藤本喜郎
posted by いっぽ at 21:33| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

「スイートコーンでおいしい顔in大沢町」イベントのお知らせ

昨年に続いて今年も、

大沢町地域事務局「おいしい大沢プロジェクト」神戸市、JA兵庫六甲、神戸みのりの公社の共同で

「スイートコーンでおいしい顔in大沢町」と銘打ちイベントを行います。


日時は7月20日で、フルーツパークの大広間を会場として、スイートコーンや町内の農産物のPRを行います。

内容は、トウモロコシ狩りを行い生産の現場を体験していただき、その後神戸市内のスイーツシェフさんらによるトークショーと創作作品を試食するというものです。

会場では農産物や加工品の販売を行う予定です。

また、当日販売される大沢町のスイートコーンを利用したアイスクリームやドーナッツなどの商品が当日販売されます。それらの商品は地元向けに事前予約も行います。

イベントへの参加には予約が必要ですので後日発行されるビラなどにて詳細をごらんください。

藤本喜郎

27年度トウモロコシ生育.JPG
posted by いっぽ at 21:09| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

ふれあいコメづくりひろば

ふれあいコメづくりひろば(PDF)

田植え 6月13日(土)午後
生き物観察会 8月1日
komedukuri2015.jpg
posted by いっぽ at 22:24| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月20日

桐の花

桐の花.jpg
 4年前に植えた桐の木に初めて花が咲きました。紫のかなり大きな花です。まだつぼみがたくさんありますので、これからが、見ごろです。場所は県道の上大沢から神付に入ったところです。

岩田邦男
posted by いっぽ at 21:34| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

大沢町の駐在さんが替わられました。

大沢町の駐在さんが替わられました。

tyuzaidayori201503.jpg
posted by いっぽ at 22:06| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神付 深谷寺 落成記念

神付地区の深谷寺本堂が完成いたしました。

神付 深谷寺 落成記念 冊子(PDF)

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg
posted by いっぽ at 21:44| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

有馬山椒、接ぎ木始まりました

有馬山椒の栽培プログラムが動き始めました。大沢町を有馬山椒の生産拠点とする試みです。
3年前に台木の品種「冬山椒」の播種をしました。昨年には産地視察や勉強会をおこないました。
そして今日、町内に配布する苗を増殖するため接ぎ木作業を行いました。
一月もすれば活着の具合もわかるでしょう。
どうかうまくいきますように。
山椒接ぎ木.JPG
posted by いっぽ at 21:11| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

2015年02月19日

名前は“ルージュ”

1960年に市が開発した路地品種のイチゴ“神戸1号“は
2011年から善入地区の池本喜和氏によって復活されました。
市長によって“ルージュ”と命名されてショートケーキに活用されるとの
記事を19日付けの神戸新聞に見つけました。
順調に生産されることを祈ります。
CIMG9030.JPG
posted by いっぽ at 09:38| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市街化調整区域における開発許可基準の改定について

市街化調整区域における開発許可基準の改定について

2月1日より、長男でも家を建てる事ができるようになりました。

以下引用
■ 現行の制度及び趣旨
 神戸市では,都市計画法に基づき,豊かな自然環境や農地などを守るとともに,無秩序な土地利用を防ぐために,市域の全面積の約6割を市街化を抑制する市街化調整区域(以下「調整区域」という。)に指定しています。
 調整区域における住居系の立地基準の考え方は昭和40年代の立法当時の社会情勢を踏まえたものとなっています。
 例えば,一人っ子の場合は,結婚しても親元を離れず,そのまま本家住宅へ住むことが一般的であり,新たな住宅建築の必要性が乏しかったことから,建築行為が認められないことになっています。
 
■ 見直しを行う背景と改定方針
 少子・超高齢の人口減少社会において,調整区域における若年世帯の人口定着が難しく,地域集落の活力衰退の一つの要因になっていることを踏まえ,調整区域における住居系の立地基準を時代に適合するよう改定します。
 
■ 改定の概要(別紙参照)
 上記の趣旨から,下記のとおり3つの基準について改定を行います。
  1 分家住宅の建築
      ・ 一人っ子×                  ⇒ 一人っ子○
      ・ 線引き前から直系尊属が保有する土地 ⇒ 10年以上親族等が保有する土地
      ・ 本家との同居経験がなければ×     ⇒ 親族なら同居経験なくても○
 
  2 既存集落内における住宅の建築
      ・ 50以上の建物連たん区域         ⇒ 集落を形成していると認められる区域
      ・ 線引き前から親族等が保有する土地   ⇒ 10年以上親族等が保有する土地
 
  3 農家住宅等から一般住宅への用途変更
      ・ 使用10年以上かつ許可後20年以上  ⇒ 使用10年以上
 
■ 改定手続の進捗状況と今後のスケジュール
 既に改定案について意見公募を実施済(9月1日〜10月10日)。
 今後,最終的な手続きを進め,一定の周知期間を経て,平成27年2月1日から改定基準を施行する予定です。
 
posted by いっぽ at 20:31| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸フルーツ・フラワーパークにおける重点「道の駅」の選定について

神戸フルーツ・フラワーパークにおける重点「道の駅」の選定について

以下引用です。
 神戸市では、北区大沢町に所在する「神戸フルーツ・フラワーパーク」について、駐車場に農産物直売所や防災倉庫を整備し、「道の駅」としての機能を付加することにより、地産地消や神戸ブランドの発信、防災機能の強化を図りたいと考えています。
 国土交通省では、地方創生の核となる「道の駅」を重点的に支援するため、全国からモデル箇所を募集しており、神戸フルーツ・フラワーパークについても、「道の駅(仮)神戸北」として応募していました。
 このたび、国土交通省が選定対象を決定し、「(仮称)神戸北」が重点「道の駅」として選定されましたのでご報告いたします。
1.選定結果
重点「道の駅」(仮称)神戸北
2.所在地
神戸市北区大沢町上大沢2150 神戸フルーツ・フラワーパーク
3.提案内容
(1)農産物直売所や神戸の特産物を販売する物販施設を整備して地産地消や神戸ブランドの拠点とする。
(2)防災用の備蓄倉庫を整備して市の総合備蓄拠点としての機能を強化する。
(3)園内のホテルで増加する外国人観光客や周辺の観光客等への神戸の観光案内や神戸ブランドを発信する。
4.今後のスケジュール
平成27年度 農産物直売所や備蓄倉庫等の基本設計、事業者募集
平成28年度 施設整備
5.参考(国土交通省による選定結果)
http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_000472.html

(1)全国モデル「道の駅」 選定数 全6箇所
   地域活性化の拠点として、特に優れた機能を継続的に発揮していると認められるもの
  →全国的なモデルとして成果を広く周知するとともにさらなる機能発揮を重点支援
 
(2)重点「道の駅」    選定数 全35箇所 ・・・(仮称)神戸北など
    地域活性化の拠点となる優れた企画があり、今後の重点支援で効果的な取組が期待できるもの
  →取組内容を広く周知するとともに、取組の実現に向けて、関係機関が連携し、重点支援

(3)重点「道の駅」候補  選定数 全49箇所
    地域活性化の拠点となる企画の具体化に向け、地域での意欲的な取組が期待できるもの
  →関係機関が連携し、企画検討を支援
posted by いっぽ at 20:23| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

「ちじみホウレンソウ」ポスターできました

コピー 〜 IMG_1183.JPG
正月2日の朝の最低気温、-5度c、大沢町の冬季の寒さは格別です。
植物体は凍結から体を守るため糖度を高めます。
この寒さを利用しておいしい野菜を栽培するプロジェクトが進行しています。
その名は「寒締めちじみホウレンソウ」、
 霜のかかったホウレンソウのポスターをご覧ください。
posted by いっぽ at 21:22| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする