2013年05月20日

大沢町空き家情報

大沢町では昨年より、空き家を調査し、賃借の希望を取りまとめました。結果と現状をお知らせします。
調査の結果、日常的に利用されていない家屋は20数件あるのですが、仏壇があり年に数回帰るといった物件はなかなか貸してもらえません。昨年は3件が上がってきて2件が成約しました。
 多くの方から問い合わせをいただいているのですが、今のところ紹介できる物件が無いのが現状です。物件が何件か集まれば案内を差し上げますのでよろしくお願いいたします。
                        大沢町地域事務局 事務長 藤本喜郎
posted by いっぽ at 21:44| Comment(0) | くらし 空き家活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

紹介します

大沢町日西原地区で人口が4人増えました。地域事務局「空家プロジェクト」は昨年より「空家調査」を行い「入居希望者」を募っていましたが、「お見合い」が成立いたしました。。
 場所は「ドライブイン城山」の斜め前のお家です。
お名前は「小野」さんです。9月より入居されました。
先日「このような田舎で、不便はないですか?」と聞くと「静かで気にいっています。」とのことでした。
「光山だより」でも自己紹介の記事を書かれる予定ですが、一足先に報告しておきます
posted by いっぽ at 17:57| Comment(1) | くらし 空き家活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

空家プロジェクト進行状況

大沢町にある、「空家を有効に活用するプロジェクト」を報告します。町内には「普段住まわれていない住宅」が二十数件ありますが、そのうち実際に貸してもいいと言われる家は数件しかありません。
 しかも最近になって問い合わせが多く、殆どが交渉中となっています。
大沢町で「空家」を望まれる方にルールを説明しておきたいと思います。
まず空家希望カードを提出していただきます。できれば町内の住民の紹介があるとうれしいです。用紙は「大沢町連絡所」、「大沢ファーマーズマーケット」に置いてあります。
用紙は「大沢町地域事務局事務長」ファーマーズの藤本喜郎までご提出ください。 
このカードを「大沢町自治連合会」の会議で紹介します。承認を得られた方には現在空いている物件を逐次紹介します。そこで気に入った物件がありましたら「藤本」までご連絡ください。
次に地元(隣保)の方々と、「田舎での付き合い」などの話し合いを行っていただきます。市街地と違い田舎には互助的なお付き合いが必要です。
 地区の承認が得られた後、仲介業者であるJA資産管理センターに斡旋を依頼します。空家は年数が経っているものが多く修理にも多額の費用がかかることもあります。
いかがでしょうか。「そんなに難しいならやめようかな」など思われるでしょうか。
田舎で生活していくことはたやすいことではありません。覚悟を持って申し込んでください。
posted by いっぽ at 22:07| Comment(0) | くらし 空き家活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

空き家説明会が開かれました

空家借主への説明会

さる6月16日、自治会の「空家プロジェクト」は大沢地域福祉センターにおいて、JAの「資産管理センター」の出席をいただき、空家を希望されている数人の方を対象に説明会を開きました。

 町内には日常に使用されていない家が少なからず存在します。長い間放置しておくことは安全や防犯面からも決して好ましいことではありません。

 持ち主の方に意向をお伺いしたところ何人かが賃貸もしくは、売却しても良いとの返事をいただきました。そこで以前より町内で空家を求められていた方に紹介する機会を設けました。

 大沢町でも今後人口の減少に伴い不動産の取引が増えることが予想されるため様々なトラブルが起こることも考えられますが、大沢町のまちづくりに協力して頂ける方に住んでもらいたいと考えています。

 「地域事務局」では取引の際、自治会の承認を得ることや、仲介にJA資産管理センターにお願いする等、後々問題が発生しないような方法を探っています。

 (家を貸したい、借りたいなどの要望がありましたら地域事務局 藤本までご相談ください)
posted by いっぽ at 14:28| Comment(0) | くらし 空き家活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする