2020年09月15日

国勢調査

DSC01052.JPG

国勢調査は政府が「最も重要な統計調査」としているものです。
調査結果は、少子高齢化対策や防災政策など国や地方自治体の施策の基礎資料と利用されます。

スマートホン。パソコンをお持ちの方はWEB回答が便利です。

9月14日から10月7日(水)までがインターネット回答期間です。
posted by いっぽ at 21:24| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

6月1日、地域福祉センター利用可

DSC00693.JPG

長い間、新型コロナウイルス感染予防の措置として
地域福祉センターの利用できませんでしたが、
上記の規則を遵守することで利用が可能になりました。
ご利用の方は、かたがたお守りください
posted by いっぽ at 11:49| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

安否確認避難訓練実施さる

ここ大沢町では、2019年1月13日
各地区に置いて上記の訓練が実施された。

暖かな晴天の中、日西原地区でも10時の緊急サイレンが鳴ると電話連絡網で避難の申し送りがされ
11時前には避難場所になっている公民館に各自集合し、消防署員から消火器の説明と扱い方を聞き、その後希望者の実践で
目標に放水をし、訓練は終了。
非常食の試食させてもらいました。DSCN1697.JPGDSCN1692.JPGDSCN1693.JPGDSCN1694.JPGDSCN1698.JPG
posted by いっぽ at 13:45| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

コミュニティーバス運行開始

のびのびになっていた運行開始が決まりました。運行コースが当初の予定から変更されました。
また、登録者には乗車証が配られ乗車時は提示が必要です。運行時間、運行コースも変更されました。
平成31年1月15日(月)〜7月12日(金)までの期間です。
DSCN1553.JPG
posted by いっぽ at 21:48| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

コミュニティーバス運行延期



11月12日(月)より運航開始予定の大沢町内コミュニティーバス予定のが
延期になりました。
尚、登録者各位にはその旨の書面が配布されています。

DSCN1395.JPG
posted by いっぽ at 21:15| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

ニッポンバラタナゴ…環境省レッドリスト絶滅危惧種IA類

10月30日付け神戸新聞
絶滅危惧種「バラタナゴ」大沢町で発見
遺伝子解析の結果純粋種と確認
今後はキャラクターシールを、農産物に貼ったり道の駅で
展示したりと、自然豊かな街のPRに生かす。
DSCN1355.JPG
posted by いっぽ at 11:41| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

ゴミステーションの移転

現在の場所では交通安全上ゴミの収集業務が困難と環境局から移転の申し入れがありました。
早速利用者(日西原地区第5隣保、6隣保一部)で協議の結果、地主さまの快諾も得られ、
また、利用者メンバーでもある上坂管工様の協力とメンバー皆さまの奉仕作業で従来地点近くに
立派なゴミステーションが5月19日に完成しました。
5月21日より利用することになります。
IMG_3548.JPGIMG_3549.JPG
posted by いっぽ at 06:09| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

有馬山椒−−−国際認証[プレシディア」に登録内定

平成30年3月20日(火)付け神戸新聞によりますと
大沢食のプロジェクト(藤本喜郎リーダー)“大沢有馬山椒部会”
の取り組みに対し表題の認証登録が内定しました。
詳しくは記事を拡大してお読みください。
IMG_3274.JPGIMG_3272.JPGIMG_3271.JPG
posted by いっぽ at 08:56| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

大沢消防支団日西原分団の詰所および器具庫竣工

かねてから工事中だった大沢消防支団第4分団の積載車車庫および詰所そしてホースを干す塔が完成しました。
工事期間中は田栗谷地区にある旧器具庫を仮の車庫として活動を続けていました。
設備装備共に充実したピカピカの建物ですが、皆さん失火のないように、消防団の活躍だけは遠慮してもらうように心がけましょうね。IMG_3194.JPGIMG_3197.JPG
posted by いっぽ at 18:35| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

大沢句会再スタートしました

nekoyanagi.jpg

俳人永岡うろお先生が逝去されたから
暫くは独自で勉強会を重ねておられましたが、
今年から、高田繁先生を指導者に迎えて
新たな気持ちで楽しんで勉強されます。
href="http://www.eonet.ne.jp/~uetaki/sub4.html" target="_blank">
又、お仲間を募集されています。
月一回 日時は 上記のアドレス(大沢句会に記されています)

高田繁先生の一句。
これはちょっと古いですが、
伊藤園"おーいお茶俳句大賞”に当選された句です。
唇は盗むものなり蛍狩り
posted by いっぽ at 10:05| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

"大沢ふるさと検定”の論説

12月12日付け神戸新聞1面下「正平調」に
9日行われた“第2回大沢ふるさと検定”の論説が載りました。IMG_2927.JPG
posted by いっぽ at 11:53| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

“地域おたすけガイド作成ワークショップ

12月3日 大沢町防災福祉コミュニティー主催
第1回“地域おたすけガイド作成ワークショップ“が
コンサルタント浅見雅之氏の進行で地域福祉センターで開催されました。

まず、“おたすけガイド”の役割の趣旨説明があり、先に地区別でまとめた
“マップ”を示して各地区代表が内容発表、その後課題の洗い出しに入り
災害時の情報の収集と共有化、避難場所、ルートの確保
(まず一次避難先を確認しておく、また、避難所は地元の自主運営になる。)
住民、とくに要援護者並びに老独居世帯の安否確認と、支援方法の検討、
(すだれ地区は、すでに地区内での方策が講じられている)。
また、ため池等の危険個所の把握。
最終的には、GISシステムを利用して、地図作成に反映させる。
また、災害発生時には、統轄本部は連絡所2階に置かれる。消防団が活動する。
等をまとめ上げて、2回目のワークショップにつなげてゆくことを確認して散会になりました。

IMG_2837.JPGIMG_2834.JPGIMG_2833.JPG
posted by いっぽ at 11:59| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

市民検診が実施されました

11月28日(火)JA大沢支店の二階を借りて、平成29年度神戸市市民検診が行われました。
尿検査、メタボ測定、胸部X線撮、等基本検査から有料ですがオプション検査が受けられます。
住民の皆さんはすでに各医療機関に於いて持病の治療はされておられるでしょぷが、
案外それ以外の検査は怠られているのではないでしょうか。
受診者の正確な数字はわかりませんが終了間際の私で50番ほどだったと思います。
この数字は大沢地区に於いて多いか少ないかは判りませんが、手軽に受けられるこの類の健康測定は
ぜひ続けたいと思います。
IMG_2808.JPG
posted by いっぽ at 21:26| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

空き家プロジェクトの記事に思う

CIMG1459.JPG

CIMG1457.JPG

CIMG1460.JPG

皆様の中には神戸新聞6月8,9,10日三日連続で「里山暮らしできますか」のタイトルで
隣町、淡河町の空き家プロジェクトの取り組みの掲載記事をご覧になられた方は多いと思います。
淡河町は今わが町以上積極的に活動されているようです。
また、西区では売り家、借家、がアップされています。
わが町もまさに同じ問題を抱えて、神戸市の奨める”農村定住コーディネーター事業”を淡河町とタイアップして取り組んでいることは周知のことです。
しかし、なかなかこのプロジェクトは実を結んではいないことも否めません。空き家はあれども持ち主は貸借、売買には二の足、三の足なのです。

そこで、淡河町に移る住んで今はコーディネーターとして働いていらっしゃる〇〇さんの弁を借りれば
空き家オーナーに対しては
1、家は生き物。朽ちらさないために、他人に維持を任せることを一考してください。
2、移住希望者と何度も話し合い交渉契約には信用できる人(例えばJA不動産部)に間に入ってもらう。
3、改修希望されれば、認めることも必要。他ほか。
移住希望者に対しては
1、修理は自己負担であり、貸主からの明け渡し請求には応じられる準備をしておく。
2、地域の活動には積極的に関わること、地域のしきたりに対しても理解すること。
3、両者の約束はすべて契約書に記入し、後々のトラブルにしないこと。他ほか
だそうです。
わが町も高齢化に伴い放棄される田畑の増加は深刻な悩みです。学校の維持も難しい昨今です。
神戸市の奨めるこのプロジェクト、わが町の空き家プロジェクトがこの先円滑に進み、人口が増え
学童が増え、活気のある町に変貌されんことを願って、この記事を送ります。(広報 上瀧記)
posted by いっぽ at 21:41| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

作品募集  皆さん!!、応募してみませんか。

今、神戸市が「デジタルフォトコンテスト」を
5月18日《水)必着で募集をしている。
“神戸市の魅力ある景観やまちなみを紹介してください”
テーマは @ ビューポイント10選で撮影された写真でそこに誘われるもの。
     A以外の場所で神戸市の景観の魅力を再発見できるもの。
一人各テーマ2作品まで
氏名
年齢
住所
電話番号
メールアドレス
応募のテーマ(@か又、A)
作品タイトル
撮影場所
撮影日
作品についてのコメント《100文字程度)
ファイル形式:JPEGのみ
上記の項目を明記してーー神戸市住宅都市局計画部まちのデザイン課ーー
E-Mail  : keikan@office.city.kobe.lg.jp  宛てに
メールの件名は 「デジタルフォトコンテスト」 で。

写真好きの方応募しませんか。
CIMG0572.JPG
posted by いっぽ at 17:17| Comment(0) | 投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする